ホーム > ETCAMとは > ごあいさつ

ごあいさつ

ごあいさつ

センター長よりご利用の皆様へ

センター長 宇佐美真一  近年の医療技術の革新により、内視鏡下手術や血管内カテーテル手術などの低侵襲手術、また、ナビゲーション手術やロボット手術などの新しい医療技術が飛躍的な発展を見せております。このような新しい医療技術の習得に努めることは、地域医療を担う高い医療技術の水準を維持・発展させるために必要不可欠です。このような高い専門医療技術の習得には、シミュレーションや指導医によるトレーニングなどを組み合わせながら、段階的に技術を身につけていくことが重要です。一方、研修医や新卒の看護師の方々にとっては、採血や静脈注射、吸引や外科的縫合などの基礎的な手技の習得が必須であり、しばらく現場を離れていた方々が復帰する際にも、技術の再習得のためのトレーニングは重要な意味を持ちます。
 信州大学医学部附属病院先端医療教育研修センターでは、このような高い専門性を必要とする新しい医療技術の取得を目指す医師に、シミュレーションを活用した段階的な学習プログラムを提供するとともに、研修医や新卒看護師が基本的技術を学習・取得する場を提供することを目的に、スキルズラボ、シミュレーションルーム、e-Learning学習室を整備し、実践的なプログラムを提供することで、実践力の高い医療者の育成を目指して活動しております。
 本センターは信州大学医学部附属病院の医師、研修医、看護師、コメディカルスタッフの方々のみならず、長野県内各施設で勤務されている方々にも広くご活用いただき、地域医療水準の向上に寄与できればと考えております。多くの医療関係者の皆様に本センターを、実践的なトレーニングの場としてご活用いただき、質の高い医療者の育成に少しでもお役に立てれば光栄に存じます。