ホーム > シミュレーションルーム > 腹腔鏡下手術シミュレーター

腹腔鏡下手術シミュレーター

腹腔鏡下手術シミュレーター

実際の動作

画像をクリックすると動画が再生します。(要Flashプレーヤー




  • ラップメンターを使った腹腔鏡下胆嚢摘出手術のトレーニング
  • 画面を見ながら実際の手術と同様に進めていく
  • これは胆嚢を保持しながら胆嚢頚部の脂肪を剥離していくケース
  • 胆嚢頚部の脂肪の剥離が進むと胆嚢管が露出してくる
  • 鉗子を使い胆嚢を胆嚢床から切離していく
  • カメラの位置変更も可能
  • 胆嚢を摘出後、袋に入れる
  • 摘出箇所の洗浄を行う


LAP Mentor解説

バーチャルリアリティでより実践的な手術トレーニング
シンビオニクス社のメディカルシュミレータ LAP Mentorは腹腔鏡下手術における総合的なトレーニングマシンとして開発されました。

より実空間に近づいた最先端のバーチャルリアリティ技術
LAP Mentorは、腹腔鏡の基本スキルから腹腔鏡下手術手技の実践的トレーニングまでをカバーする専門的技能訓練用シュミレータです。シンビオニクスが開発 したそのユニークな技術で、人体の解剖やその反応をリアルにビジュアル化しました。
LAP Mentorはその技術を高水準のHaptic(*1)(触覚)システムと結合させ、実際の手術手技における視覚と触覚を疑似化しました。
(*1)ハプティック(Haptic)とは「触覚の」という意味で、何かを掴んだり、触ったりした時の感覚を伝えるシステム

すべての腹腔鏡下手術トレーニングに対応
LAP Mentorは、腹腔鏡下手術の基本を理解し、経験が必要とされる運動性スキルを習得、手術機器にも精通出来るように設計されています。
このシステムは医療操作上の判断力の向上、メディカルトレーニングの改善のサポートを目指しています。

進化するモジュールライブラリー
LAP Mentorのトレーニングシステムは、豊富な実践的知識・能力・技能を統合し、基本スキル、個別指導の手技タスク、バーチャル・ラボ実技から成る腹腔鏡トレーニングモジュールを提供します。
  • 基本スキルのモジュール
  • スーチャリングモジュール
  • 手術手順のチュートリアル
  • 仮想患者のモジュール
研修医のベネフィット
研修医は基本的な腹腔鏡スキルを学習し2次元から3次元像への立体可視化に順応して、ハンド・アイコーディネーションを磨き、カメラや手術器具操作に習熟し、リアルで正確な臓器及び組織の性質を感じとりながら手技を実行します。
その場でバーチャルインストラクターから、スコア及びパフォーマンスの評価がフィードバックされます。