ホーム > スキルズラボ > フィジカルアセスメントモデル「フィジコ」

フィジカルアセスメントモデル「フィジコ」

フィジカルアセスメントモデル
フィジカルアセスメントに必要な基本技術の練習ができます。

実習項目例

正常所見と異常所見を診ることができます。
●個別手技トレーニング
  • 瞳孔反射
  • 血圧測定…(血圧値は任意設定できます)
  • 脈診(頸動脈/橈骨動脈)
  • 呼吸音聴診
  • 心音聴診
  • 腹部音聴診
  • 12誘導心電図
●シナリオトレーニング
  • 「心筋梗塞」「肺炎」など、症例に沿って患者さんを想定し、実践的な研修を企画することができます

実際の動作

画像をクリックすると動画が再生します。(要Flashプレーヤー



  • 模擬患者設定:模擬患者の症例は12パターン。任意で設定することもできます。
  • 呼吸音聴診:聴診器で前面・背面からの肺音を聞くことにより、肺音分類の主要なカテゴリーを学習。
  • 腸音聴診:人形の腹部から聴診器で腸音を聞くことにより、イレウスとサブイレウスの違いを学習
  • 血圧測定:手技に沿った血圧測定をシミュレート。コロトコフ音の確認や正しい加圧・減圧を学習
  • 瞳孔反射:ペンライトを使って対光反射を確認できます。正常・散大などのシミュレーションが可能