ホーム > 職種別研修一覧 > 医師向け

医師向け

医師向け研修
内視鏡手術に必要な技術を身につけるために各種シミュレータを使用して実践的に学ぶことができます。
段階的な研修プログラムを整備し、信州大学医学部附属病院の医師が指導にあたります。

腹腔鏡下手術研修

ラップメンターを使って腹腔鏡下手術のトレーニングを行います。
dsc_4566dsc_4576dsc_4579dsc_4584dsc_4599
dsc_4624
dsc_4648dsc_4651dsc_4705dsc_4721

実際の動作例
画像をクリックすると動画が再生します。(要Flashプレーヤー

胸腔鏡下手術研修

胸腔鏡下手術シミュレーターを使ったトレーニングを行います。

kyoukukyou01

内視鏡外科手術研修

内視鏡外科手術用トレーニングボックスを使って鉗子の基本的動作をトレーニングします。
dsc_4527dsc_4536dsc_4564dsc_4589dsc_4609
dsc_4618
dsc_4629dsc_4637dsc_4639

実際の動作例
画像をクリックすると動画が再生します。(要Flashプレーヤー)


経カテーテル検査・治療シミュレーター(EVE®)

img_eve01
EVR®は実際の画像データーをもとに作成された経カテーテル検査・治療シミュレーターで、血管の形状のみならず弾性や摩擦といった血管の物理特性ならびに血流や拍動までを再現した状態での血管造影検査や経カテーテル的治療(血管内治療)の訓練が可能である。
大血管に加え各臓器の主要血管も再現されているため、学生や初期研修医に対する基礎的なカテーテル操作の訓練のみならず、後期研修医等を対象とするとするカテーテル検査専門医や血管内治療専門医の育成のためにも有効である。
概要:
対象血管:全身大血管、脳動脈、冠動脈、腹部動脈、腸骨動脈
加温(調節可能)、拍動(脈動ポンプ使用)下におけるカテーテル訓練が可能
ビデオカメラ/USBカメラによる観察(必要に応じて、透視下での訓練も可能)
脳血管には動脈瘤モデルが作成されてあり、コイル塞栓術の訓練も実施可能